野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ゲド戦記」は駄作?

 7/29公開予定のスタジオジブリ映画だが、試写会へ行った人(自己申告)の評判を見るとあまり良くない。
 ざっとまとめるとこんな感じ。

 ・原作を知らないと「何で?」というシーンが多い(脚本が悪い).
 ・見終わった後に感動がない(ジブリ特有のテーマが伝わってこない).
 ・小さな子どもが見るには衝撃的な場面がある(怖い絵が多い).
 ・うまい人もいるが、ヘタな声優が目立つ(棒読み、声が聞き取りにくい等).
 ・映像がジブリらしくてよい(反面、雑なところが目立つ).
 ・歌は素晴らしい.

 最初の二つは明らかに監督の力量不足だろう。
 「ゲド戦記」は「指輪物語」「ナルニア国ものがたり」と合わせ、世界三大ファンタジーの一つと言われているが、日本国内ではそれほど有名ではない(私の認識不足ならすいません)。
 物語も全6巻のうち第3巻と、途中の話しがベースになっている。このため、話しを知っていないと、映画での主人公の行動が理解できないらしい。さらに、ラストも煮え切らないらしく、「後日談風な映像がないのは致命的」という厳しい意見もあった。

 スタジオジブリ作品はどの世代にもわかりやすく、感動的なものが多いが、評価を見るとこれがない。対象年齢層も高く、「小さい子供連れには不向き」とか、「お金の無駄なので観に行かないほうがいい」と警告を出す人もいた。

 ただ、原作を知ってる人には意外と高評価だったのが印象的だった。しかし、映画を理解するためには原作を予習するとか、映画で疑問があったところを後で原作本を買ってチェックし直すのは、なんか釈然としない。映画だけですっきりさせるのが、本来の作り方だと思うのだが(´・ω・`)

 中には「主人公=宮崎吾朗(宮崎駿長男で本作監督)」「主人公の父=宮崎駿」をなぞった作品では?という意見もあった。そんなことはないと思うが、そうならば、なんかファンが巻き込まれた感じがしてならない。

 駄作かどうかは各個人が判断すればいいので、断言はできない。ただ、評判を見る限り、私は映画館で観る気は全く起こらなかった。

 共通して感じたのは、スタジオジブリに対するファンの危機感だった。ただ、一部で暴走しているのが非常に気になった。


  宮崎吾朗 wiki ※記事作成当時の画像

 本作に対する不満が宮崎吾朗監督に集中したせいか、誹謗中傷が書かれている。

偉大なアニメーション映画監督を父に持つが、本人は全くの無能者であり、作品も父親の作品からのパクリしか出来ない為、宮崎駿の正当な劣化後継者と高く評価されている。

また、アニメーション制作に関して全くの素人でありながら、平然と監督を引き受け、さらには自らの初監督作品であるゲド戦記を制作した際、宮崎吾朗第一回監督作品と言い切り、まるでこれからも監督業を続けられるかのような、常人には理解し難い斬新な発言をした事は有名。

それらの厚顔無恥な言動が、日本中の若者に「面の厚さに感動した」、「彼のように厚かましく生きていきたい」と深い感銘を与えた。

日本を代表する「肩書きあるけど実質ニート」の第一人者と言える。156cmの人とは関係がない。

賞歴
?????????????????????????????????
2004年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞芸術振興部門を受賞。
2005年度 世襲制度推進機構審査員特別功労賞を受賞。
2006年度 日本ニート振興協会最優秀新人賞を受賞。


 wikiの内容が 2ちゃんねる以下に(´・ω・`)
 賞歴の2004年度は本当として、2005,2006年度は全くのデマ。文章がわかりやすいので、後々修正されるだろう。

 ただ、ここまで反感を買ったのには、宮崎吾朗氏が大したアニメ制作経験もないのに監督、脚本に手をかけ、大半のファンの期待を裏切った作品を仕上げてしまった点だろう。自業自得までとは言わないが、監督として作品に対する熱意をもっと伝えないとマズイ気がした(反面、燃料を投下しなければいいのだが)。

 なお、「ゲド戦記」が不評な一方、「時をかける少女」が好評だ。
 監督は細田守氏。「ハウルの城」の制作当初の監督(後に宮崎駿監督)だった事を考えると、なんか因果なものを感じてしまった。


Yahoo!ムービー) ※投稿レビュー多数
 ゲド戦記 [5点満点中2.5点(7/18現在)]
 時をかける少女 [5点満点中4.8点(7/18現在)]

参考スレ)
 【ジブリ最新作】 「ゲド戦記」 第6章 【7/29(土)公開】(映画作品@2ch)

参考記事)
 ハウルの動く城松下怜之佑の映画100本斬り
 ※ここによると細田監督退任はジブリ内の対立(いじめ)らしい…(真偽不明).
スポンサーサイト

コメント

本当にいい評判を聞きませんね。
しかし実際、CMなどで使われている

「命を大事にしない奴なんて、大嫌いだ!」

という決めフレーズは確かに棒読みで。
ある意味一番の売りのシーンがこれでは、残りの時間はこれ以上の芝居は望めないかもしれない訳で、そんなのを延々と金を払って聞かねばならんのかと考えると、正直ゾッとしないです。
声が聞き取りにくいと言うのは、見てもいないのに断言するのもどうかと思うけど、恐らくカメラと人物の位置に合わせて、声にもパースを付けてしまったんじゃないかと。
まぁなんか、映画のことを良くわかってない素人がよくやりそうな代表的なミスといえましょうか。
始末が悪いのはそういうのを「演出だ」といって開き直ってしまうことですが、この点ゴロー監督はなんと言って釈明するのか興味深いところです。
いずれにせよ鈴木Pとパヤオは試写会段階でこれだけ出ている不評を重く受け止め、自分たち(のやっちまったこと、及びやり方)をもう一度足元から見つめなおすいい機会にしていただければと。
私は公開最終週辺りの空いている映画館で、並ばずに見てくるつもりです。

  • 2006/07/18(火) 20:48:07 |
  • URL |
  • ナナシー #9L.cY0cg
  • [ 編集]

 こんにちは、ナナシーさん。

 たしかに評判を聞かないんですよねぇ…。
 先ほど、Yahoo!ムービーを見直しましたが、昨日試写会があったせいか、評価がさらに下がってました(2.5→2.4点)。
 昨日夜、初めて☆5つ(満点)評価をした人がいましたが、なんか浮いた感じでした(´・ω・`)

 声が聞き取りにくい件につきましては勉強になりました。となると、いい位置で座らないとマズイですねぇ…。

 上映後は今以上に反響が来ると思いますが、私もスタジオジブリの対応を見守りたいと思います。「千と千尋の神隠し」DVDの赤色騒動みたいにならなければよいですが…。

 とりあえず、今週金曜日に「ハウルの城」が放送されるので、放送最後に行われるであろう「ゲド戦記」の宣伝だけは見たいと思います。少なくともCMよりは長くやってくれそうですし。

 コメント及びご指摘、ありがとうございました。

  • 2006/07/19(水) 13:21:32 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

 tanukurさん、はじめまして。よすけと申します。ここ最近寄らせて頂いています。

 ゲド戦記、見ていないので何とも言えませんが作品が作品だけに、監督が監督だけに色々言われるのではないでしょうか?
 純粋に作品として評価する場合は「話のおもしろさ」が主であって、僕はあまり監督が誰であるとかは気にしてません。面白ければ誰が監督で…と知りたい気分にもなりますが、現在の作品の状況は先にそっちの話題ありきって感じがするのと、「ジブリ」っていうことが足かせになっているのかなとの印象を受けます。

 18日に発行の「サイゾー」という雑誌で押井守と宮崎吾朗の対談が乗っていて面白かったですよ。作品の話は主じゃなく、「父親を殺す」の意味だとか押井の主導で話が進んでますが、結構率直に色々話してます。

 それでは。また寄らせて頂きます。

  • 2006/07/19(水) 22:20:30 |
  • URL |
  • よすけ #-
  • [ 編集]

 はじめまして、よすけさん。
 うちのブログにお立ち寄り頂き、誠にありがとうございます。

 試写会に行った人の批評を見ると、よすけさんのような意見もたまに見かけ、悪評を書きながらも、次回作での成長を楽しみにしている方もおられました。
 改正された wikiにある通り、「これまで現場の制作をしていない素人が、"親の七光り"だけで超一流のスタジオ監督になり、いきなり長編映画を指揮して良いのか」という反発が今回の悪評に拍車がかかったのでしょう。

 私も監督云々よりは、観てて面白いか面白くないかが重要だと思います。ただ、今回は監督抜きにしても、厳しい批評が多くあるのが気になります。勿論、監督"だけ"の責任ではないと思いますが…。

 今週の週刊少年マガジンにも宮崎吾朗監督の単独インタビューが載ってました。たしかに率直ですね(笑)。ただ、監督の経緯を見ると、成り行きで監督になってしまった感じがして、ちょっと残念だったです。

> それでは。また寄らせて頂きます。

 不定期更新ですが、こちらこそ宜しくお願い致します。

  • 2006/07/20(木) 12:12:32 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

健全な現れ

宮崎駿監督作品でなく、宮崎吾朗監督作品だから漸く言いたいことが言えるようになった気がします。例えば「ヘタな声優が目立つ」ですが、では「となりのトトロ」の糸井重里はどうだった?と問いたい。声優ではないから当然ですが、本当に酷い物でした。周囲の声優が上手いので際立って下手でしたし、声質や雰囲気重視でキャスティングし、技術に目を瞑った宮崎駿監督のキャスティングミスと感じます。ジブリ作品を非難してはならないという宗教的呪縛が解き放たれたら、むしろ健全化の証ではないかと感じます。
 

  • 2006/07/31(月) 16:42:26 |
  • URL |
  • とんでもJP #jK4AYOrs
  • [ 編集]

 はじめまして、とんでもJPさん。コメントありがとうございます。

 言われてみると確かにその通りだと思います。スタジオジブリが観た人の感想を率直に受け止めてくれれば、次回作に期待が持てると思います。今の路線をそのまま続けられたら、ファンはどんどん離れていくでしょうし。
 ただ、声優問題は、電通などのスポンサーを考えると、かなり難しいかと思います。話題作りもあるでしょうが、個人的にはスポンサーへの配慮だと思います。それでももう少しマシな人選はあるとは思うのですが…。
 「となりのトトロ」はお父さんの声さえ…と、私もつい思っちゃいます(笑)。

  • 2006/08/04(金) 14:08:37 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

観ないで語っちゃダメでしょ

ああ、ここにも鵜呑みさんがいる。
観る前から、駄作とか言わない方がいいですよ。

こういう長いものには巻かれろ型の人は、オリコン上位の曲だけ聴いて、売り上げ上位の本だけ読んでればいいと思いますが。
作品を自分の価値観で判断する機会すら、自分で奪ってしまっていることに気づいてないのは気の毒です。
で、これを読んだ人がまた、「ゲド戦記ってつまんないらしいよ」と他の人に言って、どんどん広まって行くと。
こうして、マーケティング手法の中心が、マスからバズへと移って行くんだな、と思いました。

最後に、僕は劇場で観て来ました。やや暗めのイギリス映画風ロードムービーと貴種流離譚を踏襲したファンタジーの融合みたいで面白かったです。テーマと物語構造は骨太で良く出来ていたけど、展開は単調だし演出には魅力無いし、原作知らなくてもいいけど神話劇の基本作法がわかってないと理解しにくいかな、と思いました。
少なくとも、ハウルや猫の恩返しよりはこっちの方が好きです。以上です。

  • 2006/08/10(木) 18:51:46 |
  • URL |
  • のらいぬ #-
  • [ 編集]

 はじめまして、のらいぬさん。手厳しいコメントありがとうございます。
 実際に観た人の評価は何よりも有り難いので助かります。

> 観る前から、駄作とか言わない方がいいですよ。

 これが非常に気になるのですが、記事を読んで頂けたでしょうか?

 「駄作かどうかは各個人が判断すればいいので、断言はできない」と、駄作と言い切っておりません。表題も「駄作?」と疑問符をつけ、本当に駄作なのかむしろ知りたい立場を取っております。
 なので、「映画館で観る気は全く起こらなかった」と書いても、「駄作だから観に行かない方がいい」とは書いてません。当たり前です。仮に観に行って駄作と判断したとしても、これは書けないでしょう。主観的な問題ですし。

 また、「駄作?」と書く以上、その情報発信源は重要と考えており、なぜそういった判断をしたのかを示すために、記事の最後にはなるべく参考にしたサイトを載せるようにしております。今回は Yahoo!ムービーより引用しました。

 なので、「鵜呑みさん」「観る前から、駄作とか言わない方がいいですよ」と言われなければならないのかわかりません。むしろ、記事を読んでいないようなので「ゲド戦記 駄作」で検索し、悪評サイトを狙い撃ちしているようにも見えます。

> こうして、マーケティング手法の中心が、マスからバズへと移って行くんだな、と思いました。

 認知度が低いものを広げていくという意味でバズは有効ですが、未だマスの方が強いと思います。ネットでは基本的に「調べようとしないと」情報が入りませんが、マスメディアはさほど知るつもりがなくても情報が入ります。また、宣伝では「いいところだけ」をうまく使うことができるので扇動力もあります。

 そうでなければ、ネット上であれだけ駄作と言われつつ、「ゲド戦記」が興行成績 2週連続トップにはなれないでしょう。

http://movie.goo.ne.jp/ranking/boxoffice/index.html

 2週連続トップながら、100点満点の得点(評価)がランク外の47点(10日時点)にすぎないのが、観客の満足度を物語っています。

 ちなみに、Yahoo!ムービーをみたら、なんかスゴいですね(´・ω・`)

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id324031/p1/s4/

 最近、高得点をつける人達がやたら増殖してます(それでも5点満点中、2.3点)。
 それが、どこに感動したのか訴えるものがあれば参考にもなるのですが、内容は小学生以下のものが大半。得点操作が目的としか思えません。
 こういった不自然な動き、なんでしょうね?。とてもきな臭いものを感じます。

  • 2006/08/11(金) 09:42:15 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

昨日、娘を連れて観に行きました。
失敗しました。完全な駄作です。
よくこんなものが作れるなという代物です。
何処かの映研の、センスの無い学生が書いたような脚本です。
原作は滅茶苦茶だし、宮崎アニメも随分パクッているし、支離滅裂なご都合主義アニメです。
(唐突に父を殺す少年、「命を粗末にする奴は嫌いだ」といって、最後に命にすがるクモを焼き殺すテナー。ゲドは出てきても、特になにもしない。これが何故ゲド戦記?)
前売りを買わなかったので、親子で4600円も払いました。
ジブリもとんでもない作品を世に出したものです。

  • 2006/08/21(月) 16:28:48 |
  • URL |
  • 春うらら #-
  • [ 編集]

 はじめまして、春うららさん。コメントありがとうございました。

 金額に見合った満足感があればいいのですが、かなり厳しい評価のようで(^^;)
 私も娘がいますが、行かなくて正解だったかもしれません。

 先週は「ゲド戦記」原作者のアーシュラ・K・ル=グウィンさんが映画に対するコメントを公開して話題となりました。

http://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

 ここでは直訳、意訳、中立的な訳と 3種類の立場から翻訳され、作者の映画に対する想いが伝わると思います。また、最後にある「ある日本の投稿者から」は、支持派(?)の人格を冷静に分析しているのが興味深かったです。

  • 2006/08/22(火) 10:15:36 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

社会的責任

スタジオジブリには社会的責任があると思います。

19歳の亀田興毅は、自分の責任ではない判定問題について、再戦という形で責任を果たすことに決めました。

ゲド戦記の原作者に対する責任、ゲド戦記のファンに対する責任、ジブリファンに対する責任を果たす積りがあるのであれば、スタジオジブリは宮崎駿監督で、ゲド戦記を作り直すことです。
その方法しかないと思います。

現在公開されているものは、「テルーの唄」プロモーションビデオ(宮崎吾郎第一回監督作品)として、唄を歌っている部分だけをDVD化すればいいと思います。

例えば、アレンは王子のようです。剣の腕があれだけある(ユパと同じくらい。剣を振るっているシーンはナウシカのシーンのパクリです)くらいですから、王はそれなりの教育(帝王学)をしていると考えられます。年齢は分かりませんが、そうであれば最初の会議に出席していないのはおかしいし、突然切れるキャラクターというのもおかしい。そういう教養を身につけた人間が「父さえいなければ」という理由で簡単に父親を殺すようには思えません。(王が殴って勉強をさせているシーンが必要でしょう)
また竜が最初出てきますが、そのときには均衡が崩れているという話で、最後にクモが死んで均衡が元に戻ったはずなのに、竜が空を飛んでいるシーンがありました。(竜は人前には現れないはず)
テルーも良く分からない。「命を粗末にするやつなんて嫌いだ」と突然切れると思いきや、剣を持って走る。人の命が大事だと思っているのであれば、剣は不要だと考えるでしょう。人を殺す道具を持って助けにいくなんておかしい話です。

映画の最初のシーンで、アレンが居なくなったと報告するときの台詞がちょっとひどすぎて、「ああ、これはどうでもいい映画だな」と思ってしまいました。

  • 2006/08/23(水) 08:40:55 |
  • URL |
  • 春うらら #-
  • [ 編集]

 こんにちは、春うららさん。度重なるコメント有り難うございます。

 かなり不満がおありのようですが、うちのような小さなブログでブチまけるより、スタジオジブリに投書した方が建設的かも知れません。
 また、Yahoo!ムービーや、goo!にレビューするのもいいでしょう。

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id324031/
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD9102/index.html

 特に Yahoo!ムービーの場合は、読んだ方に役立てているかを知ることができます。
 観ていない私からすれば、ネタバレ要素をあれこれ言われてもコメントのしようがありません。

 社会的責任については、多くのファンを落胆させた事実はありますが、責任論は別問題だと思います。作品だけに、観た人の受け止め方は主観的になりやすく千差万別ですし、駄作と感じる人が多い中、ごく僅かですが、感動している人がいるのも事実です。

 個人的には、ジブリ作品よりも面白い劇場アニメ映画が増え、スタジオジブリが廃れていくのであれば、それは時代の流れで構わないと思います。

 「昔のスタジオジブリは面白かったが、今は見に行こうと思わない」

 「ゲド戦記」については駄作と言われつつ、見放すというよりは、春うららさんのように改善策を求む声が多く聞こえます。これをどう受け止め、どう対応し、次回作に反映させていくか。これからがスタジオジブリの正念場のような気がします。
 もし、また似たような作品を作り続けていくとすれば、ジブリファンはスタジオジブリを見放すような気がします。

  • 2006/08/24(木) 09:29:00 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/445-3ed11455

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。