野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央アルプス市が不憫だ

 南セントレア市という名称が先行して、愛知県美浜町と南知多町の合併問題は大きく取り上げられ知らない人は少ない。メディア報道に限らず、いろんなblogでも取り上げられている。
 その一方で、同じように住民投票が行われた長野県駒ケ根市、飯島町、中川村の合併問題を知る人は意外と少ない。そう、中央アルプス市の事である[合併報道][投票報道]。

 状況も非常に似ているので少々不憫になって取り上げた訳が、個人的にはご破算でよかったと思う。山梨県南アルプス市と隣接せず、わかりにくくて困るからだ(そんだけかよ)。いっそうのこと 元祖アルプス市 だったら、南アルプス市に挑戦しているみたいでかっこよかったかもしれない。…って、ラーメン屋じゃあるまいし(失礼)。
 ところで中央アルプス市の住民投票結果だが見るとおもしろい。南セントレアが町同士であるのに対し、こちらは市・町・村の合併である。そして結果は規模が小さいほど合併を推している点だ。駒ヶ根市は反対が多いが、中川村は賛成が上回った。村は財政的にも厳しいのか。それともから脱却したかっただけかはわからない。市・町・村。この違いはどこにあるのか?。合併がなぜ増えたのか?。自分なりに調べてみた。


 いつものようにググる訳だが、相変わらず調べ方がヘタなのか決定打が出てこない(笑)。そんななか、岡山県のHPに次のようなものを見つけた。その「2 市町村合併の類型」の項に、
  体制整備型 1万人から3万人前後
 1万人以上が町、それ未満が村か?。ためしに飯野町は人口1万人ちょい、中川村は 5000人前後だったのでなんか、そう考えて差し支えなさそうだ(と勝手に結論。間違ってたら指摘してください)。
  市制移行型 5万人前後 合併特例
               H16.3.31まで 3万人以上
               H17.3.31まで 4万人以上 ←3万人の間違い?
 まぁ、他の情報も含め、3万人集まれば「市」に昇格できるのは何となく分かった。ただ、この「合併特例」が気にかかる。なんじゃそりゃ。そんな特例は知らんぞ。合併が多いのはこのせいか?
 と、市町村の合併を見ると、、(´д`)、この先の合併、まだまだ続きそうだ
 合併特例法。総務省のページに詳細があった。かなり香ばしい。じっくりは読まなかったが、地方議員の先生たちが焦って合併を急ぐのだけはよくわかった。
 さらに調べたら、読売新聞の子どものニュースウィークリーに「市町村の合併ピーク」があった。子ども用とあって非常にわかりやすい。個人的にはツッコミたいとこが何カ所かあったが、子ども用なのでここでは論じない。

 もっともこういろいろ見ていくと1つの結論が出る。
  おめーら(役人ども)、住民のこと全然考えてないだろ?
 経費削減目的に無駄な税金が減るのはわかった。しかし、これで市民の利便性は上がるのか?
 例えば、いくつかの市町村が合体して1つの市ができたとする。市役所は当然1つあればよい。しかし市民は何かあった時は市役所まで行かなければならない(結婚、出産、死亡等)。今まで近くにあったのが遠くになるのは結構面倒だ。なら、残った市役所を出張所みたいにすればいいという考えもあるが、それでは経費削減になるとはいい難い。せいぜい縮小した議員の給料程度しか削減できないし、そもそもそれは市民の生活に直接関係ない。
 市民ホールが1つで済むとなると、大抵は合併前の大きいとこにできるだろう。合併前に小さいとこにいたお年寄りは市民ホールに行くのが大変になるのではなかろうか。
 そういえば、昨年TVでやっていた合併後の水道料金の話を思い出した。
 一般に水道料金などは浄水施設などの関係で各市町村毎に料金が違うが、市町村内は共通である。放送には合併前のそれぞれの市の水道料金は2倍近くあり、合併してもなんとこれが是正されていない。おかしい話である。普通なら足して2で割ればいいでは?と思うが、安かった方の市民が反対し(当たり前だ)、未だにこんな状況が続いている訳だ。
 国が市町村を減らして経費削減を狙うのはよくわかるが、それならば住民サービスも合併特例法に盛り込むべきである
 それが全くないのは「国」らしい。地方の議員や役人に揺さぶりをかければ十分と判断するのはある意味賢いが、住民にはたまらない。
 もし、住んでいる場所が合併対象でまだ解消できるなら今のうちにいろいろ調べた方がよい。生活が不便になるなら合併に反対するべきだろう。合併してからではもう遅い。

追記)
 記事を書いた後、総務省のページを見て、過疎の村を考えると合併が必ずしも悪いことではないことが少なからず分かった。大きいとこと一緒に合併しないと村が維持できない。そう考えると必要悪なのかもしれない。

 ただ、その一方で税金の無駄遣いの問題もあり、合併特例法は改めて仕切りなおしたいと思う(実施未定)。一応、原文は誤字を除き、そのままにしておこう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/45-d4c09ce2

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。