野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミフルは危険な薬なのか?

 先週、厚労省がタミフルの10代への使用中止を発表し波紋を広げているが、本当に10代だけで大丈夫なの?と気になって、NPO法人医薬ビジランスセンターを久しぶりに覗いてみたら、なんと全年齢に使用を禁止を訴えていた。

  速報No79タミフルは10代だけでなく全年齢で禁止に!NPO法人医薬ビジランスセンター

 異常行動後の事故死8人に対して、突然死は38人がすでに確認されているからです。しかも、その年齢は10歳未満が15人、20歳以上が33人で、10歳代以外ばかりです。今回の措置では、突然死の多い年齢層(とくに5歳以下14人や、30歳以上31人)の死亡事故を防ぐことは全くできません。本当は、突然死の方が問題としては大きいのに、10歳代だけ規制がなされたのは、当センター(薬のチェック)からの警告のうち、異常行動・事故死のみがマスメディアにクロ?ズアップされたからにすぎません。

 たしかにマスメディアの報道では「未成年の異常行動」ばかりが取り上げられ、「突然死」はなかったように思う。そのせいか、自分は「大人なら副作用はない」と勝手に思いこんでいたが、そうではないようだ。
 医薬ビジランスセンターの見解が正しければ、タミフルは全年齢に危険な副作用があることになる。

 なぜ、異常行動や突然死が起こるのか。厚労省をよそに、同センターではそれがしっかり説明されている。

  速報No77「薬のチェック」の緊急警告!事故死・突然死の原因はタミフル!NPO法人医薬ビジランスセンター

 タミフルは脳の働きを抑制することが動物実験と人に起きる症状から分かっています。睡眠剤や鎮静剤、麻酔剤、アルコールと同じです。アルコールを飲むと、寝てしまう人、興奮して暴れる人などがいます。麻酔剤は、強く作用すると呼吸が止まります。麻酔中は人工呼吸器で呼吸していますので死ぬことはありませんが、人工呼吸しなければ呼吸が止まって死に至ります。

 脳には、それぞれの神経が秩序だって働くようにコントロールしている「統合中枢」という管制塔のような中枢があります、タミフルを飲むと、脳の中にタミフルが入り込んで、まずその部分を乗っ取ります。そうすると、いろんな神経が思い思いに勝手に動きだすために異常行動を起こすのです

 タミフルで低体温になりますが、熱が下がったと喜んではいられないのです。これは体温中枢が乗っ取られているからです。今まで経験したことのない34度や32度といった低体温になる人もいます。これは異常行動や呼吸が止まる前兆です。もっと激しく作用すると、人の命に最も大切とも言うべき、呼吸中枢が乗っ取られてしまいます。すると、呼吸が止まり、命もとまります

 つまり、体温中枢が乗っ取られると異常なまでの低体温、統合中枢が乗っ取られると異常行動、呼吸中枢が乗っ取られると呼吸困難、突然死になるのです。


 タミフルが脳の中枢部に作用し、これが異常行動、呼吸困難による突然死を引き起こしているという事らしい。
 素人的には、本当に呼吸が止まるほど作用するのか?と考えるが、『医師・薬剤師ならばメーカーに資料請求できますので、ぜひ請求し、ご自身の目で確かめてみてください』という位なので、医師や薬剤師による反証でもない限り、信憑性は高いと思う。
 実際、全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)では、タミフルによる犠牲者拡大を避ける緊急提案を行い、裏付けを行っていた。

  タミフルによる犠牲者拡大を避ける緊急提案[PDF]全日本民医連】3/17

・タミフルには、精神神経系の副作用として異常言動や異常行動の副作用があることはメーカーや厚生労働省も認めており添付文書にも記載されていること。
・この副作用は、タミフルによる中枢神経症状であることが、動物実験でも証明されており、しかも用量依存的で大量になると呼吸抑制から死亡に至るものであること。


 タミフルといえば、インフルエンザの"特効薬"というイメージがあり、「確率が非常に低い副作用のために飲み控えて、インフルエンザで死亡したらどうすんの?」という疑問もあるが、同ドキュメントには、

タミフルの効果は、一般には有熱期間を 1日ほど短くするものですが、この効果によりインフルエンザ死亡等のリスクを軽減できる場合にのみ有効性があること。
・インフルエンザは一般に、ハイリスクグループを除く健常人であれば自然経過で治癒する疾病であること。


 としっかり明記されており、Wikipedia オセルタミビルの「一般的適用」でも、「発症発現から48時間経過後の投与開始における有効性が確立されていない」ことから、発症から 2日経過したら服用自体意味がないことがわかる。
 また、「症状が治まったからといって服用を中止できない点に注意が必要」な反面、「幼児・小児など免疫力が弱い者にタミフルを投与し続けた場合、ウイルスの淘汰に時間がかかるため、その間に体内のウイルスがタミフルに対して耐性を持つとされている」とも指摘されている。

 もっとも、ハイリスク(抵抗力の弱い高齢者・乳幼児、気管支喘息等の呼吸器疾患、慢性心不全等の循環器疾患、糖尿病、腎不全、免疫不全など)に限っては、医師の的確な判断の元、処方されることが必要だろう。ただ、医療ビジランスセンターでは副作用のリスクが上がるとして、利点はないと呼びかけている。
 一つ気になるのは、メーカーが 1歳以上を服用の対象にしているにもかかわらず、日本では 1歳未満にも服用させている点だ。
 『日本では小児科医会が使わせてほしいとわざわざ要望し、厚生労働省は患者(家族)の同意の下に使ってよいという措置をとった結果、1歳未満にも広く使われるようになっています』(5.より引用
 患者(家族)は処方する医師から、ちゃんと説明を受けていればいいのだが。「タミフルはインフルエンザの特効薬ですが服用しますか?」と、「タミフルはインフルエンザの発熱を 1日早く治しますが、非常に低い確率で後遺症が残る副作用がでます。さらにメーカーでは 1歳以上に服用しか認めていませんが、どうしますか?」とでは、保護者の受け方が異なると思う。

 ところで、副作用の危険性はわかったとして、発症率は本当に厚労省が発表する程、非常に低いのか気になった。

  皆様の声薬害タミフル脳症被害者の会

 ここには、タミフルで副作用を経験した人達の体験が多く語られ、実感として厚労省が報道する数値以上に副作用があるのでは?とも思ってしまう。

 記事は掲示板とは違い、被害者の会の検閲後、公開されているようだ。こういう場合は不都合な投稿はもみ消すケースもあるのだが、否定的意見も載せており(場合によっては医薬ビジランスセンターから回答がある)、好感が持てる。
 ざっと読んでみたが、乳幼児から40代まで広く副作用に見まわれた人が多くいることがわかる。後遺症と思われる投稿も目についた(投稿[92]など)。ただ、投稿内容が匿名な分、情報の信頼性については読み手次第になってしまうだろう。

 ただ、被害者の現状は今まで報道された異常行動と同じケースがあり、少なくともこちらは信頼性はあると思う。子どもを失う親の気持ちがよく表され、亡くなった方々にはご冥福を心より申し上げたい。
 個人的に一番印象深かったのが「[6] 『タミフル服用後睡眠中39歳男性の突然死』」だった。生まれて39年間、大きな病気をした事もなかった男性が、インフルエンザで処方されたタミフルを服用後就寝。翌朝死亡していた(突然死)。
 担当医の診断(直接死因)は「不詳」。ところが、「健康被害救済制度」のため、二度目の診断書を貰ったときは「拡張型心筋症による、急性左心機能不全」と病名がつけられていた。
 これが事実であり、かつ氷山の一角であれば、厚労省の数字はあてにならないのかもしれない。


 日本ではインフルエンザ(A型,B型)が陽性であれば、当たり前のようにタミフルが処方されているが、諸外国ではインフルエンザにどう対応しているのか。
 皆様の声[163]に英国でのインフルエンザ対策が記載されていた。まとめるとこんな感じ。

 ・風邪、インフルエンザで病院へ行くことはほとんど無い。
 ・市販薬(アセトアミノフェン系解熱鎮痛剤)を服用して自宅安静。
 ・1?2週間で完全回復。

 なので、タミフルの処方がほとんどないので、異常行動や突然死は起こりえない。

 検索したら、タミフルの製造元ロシュ社のあるスイスのケースもあった。

  タミフルをほとんど使わないスイスswissinfo

 スイスでは、インフルエンザで病院に行かないどころか、薬も飲まないらしい。
 記事には「タミフルを安易に使ったら、鳥インフルエンザのときに耐性ができていて効かないかも知れませんね」、「日本の医者がタミフルを処方することについては『文化の違いでしょう。わざわざ来た患者に、何かしなくてはと医師が思うからではないでしょうか』ときっぱり」と、なんか日本の医療を皮肉っているようにも見える。

 日本国内で考えれば、タミフルありきが当たり前なのだろうが、英国、スイスの医療を見る限り、タミフルはおろか、薬に依存しないのがわかる。また、インフルエンザに対する考え方が、医療ビジランスセンターと同じなのも興味深かった。

 もし、これが鳥インフルエンザや新型インフルエンザであればタミフルは有効にはたらくかもしれない。しかし、A型やB型といったインフルエンザにタミフルは「効果」と「副作用」を考えると、服用しない方がいいのかな(危険なのかな)と思ってしまった。

 ただ、仕事等で一日も早く治さないと困る人はいるし、そういう人にとっては有り難い薬には間違いない。副作用があるから危険、だから服用しないは間違いだろう。医師がタミフルを処方するのはそれなりの「理由」があるからだろうし。
 しかし、本当に自分に必要なのか疑問に感じたら、医師に「理由」をしっかり聞くのがよい。そんなことはないと思うが、納得できないなら、断った方がいい場合もあるかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

タミフルそのものよりインフルエンザそのものらしい

http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1618&blockId=382013&newsMode=article
元々インフルエンザそのもので異常行動を起こした例はあるそうです
インフルエンザ+タミフルで異常行動 ではなく
インフルエンザで異常行動 
の様子
熱に浮かされ前後不覚のなんとやらというのが実際なのかも知れません
(10代の異常行動~というのもたぶん若さゆえんの高い回復力とのなにかしら関連があるのかもしれません)

  • 2007/03/30(金) 20:22:31 |
  • URL |
  • 都 #EpxC4H4.
  • [ 編集]

都さんの引いたニュース、でも解熱剤は処方されてるみたいなので、
「インフル+解熱剤で」  って書くのが正確なのでは?

  • 2007/03/30(金) 21:00:14 |
  • URL |
  • エル #-
  • [ 編集]

問題はタミフルではなく厚生労働省にある。

>都
「インフルエンザ陰性&タミフル処方 → 異常行動」
ってのもあるのでちゃんと調べましょう。
もしかして、きみは金もらった厚生労働省の役人さんかな?
それとも、製薬会社に天下って暇してるおじさんかな?
工作活動ご功労さんww

そもそもの問題は何人も死人が出た今になって、やっと危険性を発表するアホ役人でしょう。
おかしいぞってことで調べてみたら寄付金やら天下りがボロボロ出てくるお粗末な茶番劇だったって始末。
海外で承認されてる薬品にまで、お上の面子のために再度、厚生労働省で承認させるくせに天下ったところはスルーってかw

 はじめまして、都さん、エルさん、酒井素樹さん。コメントありがとうございます。

 都さん引用の報道なのですが、酒井さんがご指摘の通り、次の報道があった直後だけに、小児科医会が必死にタミフル援護をしている構図が見えてなりません。

タミフル飲み9歳女児が異常行動、インフル感染なし
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070328it14.htm

 私もエルさんがご指摘した通り、「インフル+解熱剤で」が正しいと思います。
 マスメディアも投薬があるのにそれをスルーして、あたかもインフルエンザだけでも異常行動と報道するのはミスリードに繋がりかねません。また、異常行動を起こした少年の素性がわからないので個人的には鵜呑みにできません(この程度なら自作自演も…とか思ってしまいますし)。

 念のため、解熱剤が何か?が気になったので調べてみたら、アセトアミノフェンとわかりました。

「タミフル」服用せず、自宅2階から転落
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070330ik05.htm

 そこでアセトアミノフェンを調べたのですが、異常行動のような副作用がありません。

アセトアミノフェン Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3

 ただ、おくすり110番サイトでは、滅多に出ない症状として「ショック」があったので微妙なところでしょう。また、インフルエンザ自体に異常行動を引き起こす可能性はゼロとは言い切れないので、これもまた微妙です。
 確実に言えるのは、「インフルエンザだけで異常行動を起こす確率は、タミフルの副作用より遙かに低い」ということでしょうか。

 また、掲載後、こんな報道もありました。

タミフル耐性ウイルス、人から人に感染か【読売】4/4
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070404i404.htm

 このウイルスに感染したら、タミフルは副作用しかありません。

インフルエンザ薬「タミフル」、2割の子に耐性ウイルス 2004/08/27
http://www.med.oita-u.ac.jp/infectnet/influenza/influ_report_00260.html

 4年前の検査で、すでに 2割の子に耐性ウイルスが確認されていたのだから、これは必然だったのでしょう。

 そうなると、新型インフルエンザ対策のためにタミフルを備蓄している日本政府は何なんでしょうねぇ…(´・ω・`)<あえて書きませんが

  • 2007/04/06(金) 10:52:27 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/454-f088006e

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。