野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポテトチップスに有害成分

  ポテトチップスなどの含有成分に「有害の恐れ」

 ポテチ好きとしては「そんなにヤバいのか?」と記事を見てみたがいまいちよくわからない。イモ類などを 120度以上で焼いたり揚げたりすると、化学物質アクリルアミド(発ガン性)が発生することはわかったのだが。
 『厚生労働省も同年に国内製品での含有を確認しており、過度の摂取をしないように呼びかけるとともに…』って、知らなかったぞ、こんなこと。新聞やTVで見た記憶がない。食品メーカーに配慮したのか?

 もっともこの手の食品報道は過敏になりすぎても、メシがマズくなるだけなので中途半端にする訳にはいかない。という事でいつものように調べることにした。





 まず、アクリルアミドで検索すると厚労省のHPのものがあっさり見つかった。ちゃんと2002年に作られた形跡がある。呼びかけたかは疑問だが。

  加工食品中アクリルアミドに関するQ&A

 国際がん研究機関(IARC)による発がん性分類ではディーゼルの噴煙や魚の焦げと同じランク2A(人に対しておそらく発がん性がある)はわかった。しかし、『人における発がんについては、現時点で確認されていない』ものに対してこの評価はどうかと思う。単体では発ガン性があるが、揚げたイモからの発ガンは確認されていないということか。

 発ガン性にあるので気をつけろはいいが、では、どこまでなら安全に食べられるかという指針がないと消費者側は困る。含有量もばらつきが激しく(特にフライドポテト)、メーカーや商品名がないと気をつけようがない。

 ただ、各国の公的機関でアクリルアミドに対して指導しているところはなく(せいぜいドイツで基準値の勧告を行った程度)、ふざけたことに『油で揚げるなど高温加熱の料理方法を知ったときから、人類はアクリルアミドを食品とともにとってきたと考えられますので、これまでの食生活をただちに見直す必要はないでしょう。重要なのは、これまで言われているように、バランスの良い食事をとるということです』と、警鐘を鳴らすはずが、どうでもよい結論に達している。そんなことはアクリルアミド以前のことで当たり前だ

 自分の結論としては、気にせずに適度にポテトチップスやフライドポテトを食べていこうと思う。ストレスだって重要な発ガン要素だ。詳しく知りたい方はココから情報を得るといい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/54-b8dda03c

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。