野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画ローレライ、観る気になれない

 やたらTVや雑誌に取り上げられてる映画ローレライだが面白いのか?

 TVや雑誌ではベタ褒めなのだが(ある意味当たり前)、潜水艦や役者の話ばかりで肝心の内容がよくわからない。どうも、終戦間際、第三の原爆というふれこみから、元ネタはあれか?と思って、サイトを覗いたら全く別物だった。そもそも伊507って何だよ。
 大河ドラマみたいに、時代考証よりもバラエティ性重視の映画みたいでとても観る気になれない。どっかで「最後のアレはないだろう」というを見てさらに拍車がかかった。

 史実では、1945年 7月29日、帝国海軍所属の伊58がアメリカ重巡洋艦インディアナポリスを撃沈している。この巡洋艦、実は広島・長崎へ投下される原爆を輸送した帰り道だった。一部では第三の原爆を積んでいたという話もあり、これが元ネタとして利用されたのだろう。
 一方、潜水艦の型番にも違和感があった。伊5xxは聞いたことがない。




 帝国海軍では排水量1000t以上の潜水艦を伊号と呼び、伊xxと二桁の数字がつけられていた。後に一部に伊1xxと 1がつくようになる。他は特殊な伊4xx型があり、特殊攻撃機3機を搭載する世界初の水中空母で3隻完成したが作戦途中で終戦を迎えている。
 と、自分の知識ではそこまでだったのだが、調べてみると意外な事実がでた。

 この他にも型番があり、水中高速潜水艦として伊2xx、燃料給油潜水艦として伊351、物資輸送潜水艦として伊361-373があった。そしてドイツ海軍のUボートなどを接収した伊501-伊506が!(いづれもドイツ降伏の1945年5月に接収)。びっくりした。
 そう考えると、伊507は妥当な選択だ。Uボートを接収している意味でも納得がいく。しかし、こうなると一方のドイツ潜水艦U7が気になる。海外でググったら U-7が見つかった。Uボートは U-でみんな始まってるから多分、コレだろう。…って、全長42.7mしかないんですが。どこが 110mなんだ。しかも、1944年に沈んでるし。あー、伊507がよく調べたなぁと感心したら一気に幻滅。そもそも 110m級のドイツ潜水艦はなかったような。U-7001とかでっち上げればよかったのに。それにしても Uボート、多すぎてよくわかりません(´・ω・`)

 やっぱりこの映画はスルーだ。それにしても今度は戦艦大和ですか…。多分これもスルーだな。特攻を美談にされそうで嫌だ。大和よりは同型艦の武蔵の方に漢を感じるのに。にしても、角川はなんで第二次大戦ものに固執するんだろ。
 どうせならインパール作戦を取り上げて貰いたい。国内の軍本部と現場の両方の視点から描き、戦争の愚かさを訴えるものが出来上がるなら是非観にいこうと思う。

インパール作戦(うんちく)
 1944年1月に発動されたビルマ方面での反攻作戦。一司令官の功名心から発案されるが、あまりにも無謀で 12万人以上の軍人が命を落とす(作戦に参加した8割が死亡)。7月に中止されるが、その司令官は失敗を責任転嫁する始末。調べるほど怒りと涙がでる。

 余談だが、帝国海軍潜水艦調査に使ったサイトはココ。仮想戦記を批判し、後で読みたいので自分用にリンク。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/55-af178437

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。