野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受信料不払いは加速する

  受信料不払い、70万件の見通し

 トップが謝罪すれば、払ってくれるようになるものなのか?。そんなことはない。このままでは不払いがさらに加速し、100万件に達してもおかしくない状況だ。では、どうすれば不払いが止まるのか。また、不祥事事件以前の水準にまで戻せるのか。
 普通に考えると、もう無理としか言いようがない。



 新体制になってもケチがつき、役員・職員の給料を削減してもスルーされ、トップが頭下げても、不払いは止まらない。そのくせ、まじめに過去の不祥事を公表すると、余計叩かれ、不払いが加速する。謝ってもダメ、誠意を出してもダメ。なら、どうしてくれれば許してもらえるのか。

 さらに『うちはこんなNHKに受信料を払いたくない』『おたくもか。うちもそうしよう』的に波及しているような気もする。ひとむかしは受信料を払わないのは犯罪だとも言われ、渋々支払っていた世帯も多かったのではないだろうか。
 ところが今は違う。支払いを拒否できて当たり前。渋々支払っていた世帯は堂々と支払いを拒否できる構造が出来上がっている。この不景気、年間2万近くも支払わなくて済むなら、低所得層はみんなそうするだろう。そうでもなければ短期間にこれだけの不払いが増える訳がない。

 支払いを拒否する統計はあっても、支払いを拒否した人がどうすれば支払うかというアンケートがない。受信料を支払う立場の意見も集めず、自己満足な改革を進めている。これでは何も解決しないのではないだろうか。そういえば、不払いをやめた人の統計もない。不払いが増える一方の中で、不払いをやめた人もいるのではないだろうか。昨年秋の不払いの理由が「海老原が辞任しない」だった。辞任した今、不払いをやめている人がいてもおかしくない。何故にそこに目をつけないのか。それとも、誰も不払いをやめていないのか。

 チーフプロデューサーの詐欺行為により不払いの狼煙が上がるのだが、懲戒免職後、逮捕起訴され、これを理由に不払いはできない。むしろ、内部調査を進め、他の不祥事も公にした分、評価すべきだろう。まぁ、実際には「またか」という悪い印象しか残らないのが残念だが。
 次にやり玉が上がったのが海老原会長。すでに辞任している。しかし、退陣の課程を見ると納得できない事が多数ある。ここで分かったのが NHKのカネの不透明さ。徴収した受信料をどう配分し、どう活用しているのかが、受信料を支払っている人に公開されていない。これは全くおかしい。海老原辞任にしても退職金や、後におさまる予定の顧問料も最初は未公開。誰だって、退職金が 1億2,444円(ソース)、顧問料が年間1,300万(ソース)と聞けば納得する訳がない。ちなみに顧問は週3?4日程度の勤務だそうだ。楽な仕事だし、自分の権力が維持できているかチェックもできる。顧問就任をなくしたのは正解だ。

 NHKがまずやらねばならないことは、受信料がどう使われるのかを明白にし、公開できる体制をつくることではないかと思う。投資家だって、投資先でどうカネが使われているかチェックする体制くらいある。NHKはカネの流れがわからない上、不祥事が発覚することから、疑念が生まれ、不払いが正当化されてしまったのではないか。だとすれば、NHKにオンブスマン制度を取り入れるだけでかなり効果があると思うのだが。
 しかし NHKは人事交代や謝罪を繰り返すばかりで、こういった事はやろうとしない。だから、冒頭に書いたように「無理」と判断した。やられては困る理由でもあるのだろうか。数日前こんな発言が飛び交った。

  NHK受信料不払い、罰則の導入検討も

 罰則は論外だろう。これは不払いを止めるだけの解決であって、根本的な問題が何も解決されない。バカにするのもほどがある。これでは NHKが浄化される訳がなく、むしろ悪くなってしまうのではないだろうか。監督するべき立場のトップがこんなのでは困る。

 NHKを改革する前に、総務大臣を先に更迭した方がよさそうだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/69-64465746

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。