野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島の現状を見て愕然

  「竹島の日」条例案可決 島根県議会委「一番悪いのは政府」(3/11)

 今朝、映像で竹島の現状を見るまで、今までいろいろ竹島問題が報道されていたにも関わらずスルーしていた。せいぜい尖閣諸島問題と同じ、無人の島を自国領だと勝手に騒いでいるだけかと。日本の領土なのに何言ってるんだか、で見る気もしなかった。

 ところが今日、朝の報道番組で竹島の現状を見て愕然とした。
 記憶では何もない島だったのが、道が整備され、建物も増設、観光客らしき人がうようよいる。全部韓国人。しかも、機関銃陣地があちこちにあり、警察というより、が居座っている。なんじゃこりゃ。どう考えても侵略行為だ。日本政府は何をしてるんだ?。
 そんな訳で竹島の歴史から紐解くことにした。



  1145年 『三国史記』に 512年于山国(竹島)が服属を願い出てきたとある(韓国).
       ※日本人より先に竹島を知っていたといいたいらしい.
       ※後の文献(複数)によると于山国が竹島でないことが明白.
  1618年 米子の大谷甚吉、村川市兵衛ら幕府から許可を得て竹島(当時 松島)に渡航.
       ※日本が竹島を確認した事を証明できる公的文書.

 国際法上、実効支配した者のない島や岩礁は、それを最初に発見した者に領有権があるため、この問題は重要視される。

  1905年 日本政府、閣議で竹島と命名し、島根県隠岐島司の所管に.
       ※国際法に則った適法な手続きがなされたもので、新聞などでも報道.

 韓国側は日本によって強奪され秘密裏に行われたと主張しているが、これは欧米の歴史と照合すればどちらが正しいか明白だ。

  1946年 GHQより、SCAPIN667およびSCAPIN1033覚書.
       ※戦争によって得た島々を相手国に返しなさいということらしい.
  1949年 サンフランシスコ講和条約草案で竹島が日本領土と明記、その方針を堅持.
  1952年 サンフランシスコ講和条約発行。竹島が具体的にどこに属するか明記されず.


 ここがややこしい。戦争直後のゴタゴタで、戦前日本が侵略した領土を返還する手続きらしいのだが、最終的な明記がない。ただ、GHQでは竹島を日本領として認識していた事実はあったらしい(韓国の主張は消去法より自国領土を主張)。

  1952年 李承晩(韓国初代大統領)ラインを一方的に宣言。
  1953年 韓国政府、「李承晩ライン」内に出漁した日本漁船の徹底拿捕を指示.


 講和条約三ヶ月前の事だ。勝手にラインを引いて、竹島を韓国領扱いにし、日本漁船の拿捕や銃撃事件を敢行。竹島を武装化し、海上保安庁の巡視船にも発砲する始末。ライン廃止まで抑留者数 3,929人、拿捕された船 328隻、死傷者数 44人の被害がでる。

  1965年 日韓基本条約調印、李承晩ライン廃止。竹島問題は紛争処理事項とされる。

 このとき、韓国は竹島の領有問題は紛争処理事項でないとの立場を取り、交渉のテーブルすら着いていない。当然、竹島は何ら変わることはなく、武装解除すらされていない。それにもかかわらず、日韓国交正常化(今年40年ならばこの年にあたるため)。はぁ?

  1997年 韓国、日本政府の抗議にも関らず500トン級船舶が利用できる接岸施設設置.
  1998年 韓国、日本政府の抗議にも関らず有人灯台設置.


 以後、やりたい放題。日本の漁船が近づくと発砲される。国際的にここは日韓の漁場なのに。交渉のテーブルも未だ空席のままだ。これで友好と言えるのか?

 未だに日本政府が竹島問題をどう捉えたいのかさっぱり分からない。これは明らかに韓国の日本に対する侵略行為であり、これを放置している日本政府にも問題があるのではないか。
 この際だからはっきりした方がよい。国際法に基づいてどちらかの領土なのか。もし韓国が主張するように韓国領土ならば、日本も韓国領として認めるべきだし、日本が主張するように日本領土ならば韓国は撤退すべきである。それすらも進められない理由がわからない。なぜ動かないのか。それとも動けないのか?
 こんな日韓国交正常化40周年に何の意味がある。竹島の歴史を見ると、島根県の所管にした100周年の方がずっと重みがある。どうも政府は隠したがってしょうがないように見える。なんで隠すんだ?

 それにしても竹島の日の報道後の両者の動きはあまりに違う。日本は冷静を呼びかけているが、韓国は全国の小中高で「独島特別授業」を実施する。この違いは何?。朝の番組では島根県民の高校生に竹島問題をインタビューしても興味がない感じであった(番組を盛り上げるためそこしか放送しなかったら別だが)。つまるところ、両者の教育制度にまで遡るだろう。いいたいところはここがよく表現している。是非見て貰いたい。

   アジアの真実 竹島の日制定?日韓の教育のベクトルの方向性の違い?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/73-bc94bda6

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。