野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

98,000円のノートPC あきらめた

 何回も取り上げた VAIO typeB[SPEC-S]のことだが、今回で諦めることにした。もうめちゃくちゃ。最小構成価格 98,000円が今覗いたら 164,799円と開き直っている。なんか詐欺じゃないかと言いたくなる。



 同じ VAIO Styleにある、新型の VAIO typeFの最小構成の方がよっぽど安い(114,799円)。試しに XPPro, PentiumM 1.6G, 512M, DVDマルチと組み合わせても152,299円と一万以上安かった。ちなみに CPUは同じ 1.6Gでも typeFの方が若干速い(FSB400とFSB533の差)。
 なお、typeBの PentiumM725は販売終了とあるが、例のインテル排除勧告の影響もあると推測している。SONYもこの取引をしており、VAIOはすべて Intel製を採用していることを考えると、かなり安く仕入れていたのではないか。仕入れが以前より高くなり、1万の差額ではやっていけないことから発売終了にしたのは簡単に想像がつく。実際、アキバではまだ出回っており、typeFの PentiumM730よりも高く売られていた(18日の価格)。

 他もあたってみたが、typeFより安いとこがない。70,000円代のノーパソもあるが、こちらの希望条件を入れると結局高くなる。まぁ、EPSONか Sharpあたりなら多少妥協するかも。
 とりあえず、必要に迫られない限りは待とうと思う。理想は Turion 64の低価格ノーパソだがどうなることやら。

 VAIO typeFを狙う方は早めに動いたほうがいいかも。すでに 40GB HDDの在庫が怪しくなってるので。あと、VAIO Styleは一度発注すると構成の変更ができないらしい(申し込んで 5分後でも)。発注時は要確認。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/77-ce38165d

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。