野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の行く末

  「韓米は決別を準備すべき」という米国

 朝鮮日報のコラムに取り上げられていたものだ。最近は韓国内部からも盧大統領の暴走と戒める声が聞こえるようになったせいか、以前より反日感情がやや沈静化している気がする。一方、対日関係と平行して対米関係の悪化を懸念する報道が増えているが、なんか気に入らない。



 韓国が米国に決別された場合、必然的に中国を頼らざるを得ない訳だが、これを望んでいるのか非常に気になった。上記の記事をよく見ると、これらの発言は韓国国際政治学会が主催した国際学術会議での事である。別に両政府の政治家達が言っている訳ではない。こんなものをまともに取り上げ、あたかも両国が危機的状況であるかのように報道していいものか。
 この学会がどの程度権威があるかは知らないが、私としてはメディアにでてくるどっかの学者達がほざいていたことを、既成事実のように取り上げ肯定しているのが気に入らない。実際、記事内でも盧大統領は米韓同盟関係はしっかり管理されていると発言していることから、韓国に米韓同盟を破棄する意志は全く見られない。

 そう考えて読み直すと、中国の工作員が紛れ込んでないか?とすら思えてしまう。どうも大手メディアである朝鮮日報は反米感情を煽っているように見える。米韓関係がなくなって誰が得するか。コラムが正しいのであれば米国だろうが、中国がそれ以上に得をするのではないか。
 ただ、傍若無人ぶりが目立つ中国に頼った場合、韓国は飲み込まれてしまうのではないだろうか。今の北朝鮮のように。財閥系企業も中国企業に合併されそうだ。どっちにしろ、いい結果にはならないと思う。
 こうしてみると、なんかディプロマシーを思い出してしまった。

  米国「日本・韓国はうちが欲しい」
  中国「それはむしが良すぎる。せめて韓国はうちにくれ」
  米国「しょうがない。韓国・北朝鮮はやるから、日本は手を出すな」
  中国「OK。では、次はロシアと話し合いたいので失敬」

 今後の韓国動向、対日だけでなく対中、対米も視野に入れると面白いかもしれない。


ディプロマシー(うんちく)

 第一次世界大戦直前のヨーロッパ列強の一国となり覇権を目指すボードゲーム(7人プレイが一番面白い)。特徴はサイコロなど運要素が全くない点。ルールが単純の割に、戦略と相手の性格の読みあいなので勝つのが非常に難しい。
 ゲームは、一定時間、各プレイヤーは好きな相手と話し合いを繰り返し(=外交)、それが終わったら駒(=軍)の動きを紙に指示、一斉にオープンにして実際に動かし戦闘を解決する(エリアに駒が多い方が勝ち。同数は守りの勝ちと単純)。これらを繰り返していくだけだ。一番先に重要拠点を目標数確保した人が勝つとなる。
 話し合いで決めた約束事を裏切って駒を進めるのも手なので、このゲームが元で人間関係がこじれた話はよく聞く。所謂、会社でやってはいけないゲーム(経験者談)。仕事の会話がいつのまにか交渉になったりすることも珍しくない(笑)。ただ、勝利するとこれほど達成感のあるゲームはそうそう無い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/88-2a7b7053

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。