野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東南部で地震雲

 日刊スポーツ(3/28)の社会面に書いてあり、関東南部から地震雲の報告が多数気象庁に寄せられたそうだ。ただ、紙面の割には内容がなく、サイトにはこの記事がなかった。
 実際、どんなもんかと大手新聞や気象庁のサイトをざっと見てみたがかすりもせず。まぁ、地震雲がでて、実際に地震が起こっても逃げる予定もヒマもないので、どうしようもないんですが(´・ω・`)
 とりあえず、いつものように調査してみた。



 まずは 2CH。予想通りというか数スレを見た限り、地震雲か飛行機雲かのプチ論争になってて収穫なし。さらに、地震雲の話が去年暮れあたりにもあったらしく、なんか毎度の事なのかと思ってしまった。ただ、こんなのが。

  2ちゃんねる 地震板・ニュース実況板・自然災害板用 画像掲示板

 地震雲らしき画像がいっぱい載っているが、個人的にはどうも信憑性が。今やパソコンで簡単に合成できるんで、匿名である2ちゃんに果たして意味があるかどうか。ざっと見たが、複数の場所から同じような地震雲は見当たらなかった。やはり、自分の目でみるまで安心していいのかな。

 と、ふと八ヶ岳南麓天文台の事を思い出した。2003年 9月に南関東に大地震が起こると予言したところだ。当時はマスコミが大騒ぎしたため(しかも報道がいい加減)、天文台の方々が非常に迷惑した記憶がある。
 賛否両論はあるが、私は大地震が起こる可能性があると公表した事はいいことだと思う。もしもの時に心の準備ができるし、仮に誤報でも何事もなくて良かったと思えばよい。ただ、この公表を面白おかしく取り上げたマスコミは問題だ。当時の公表記事は PDF形式として現在も残っており(これ)、最後のページにわかりやすくまとめられている。そこには3つの可能性が提示され、60%の確率で大地震が起こるとかは一切ない。しかも、どっかの大学教授が「あれは大嘘」などと偉そうに言いたい放題で、国の補助金(税金)でちんたらやって、実績を上げていないあんたらは何をやってるんだ、と胸くそ悪かった(しかも騒動時にわざわざ天文台にいちゃもんをつけに行ったそうで)。ちなみに天文台の方々は個人でやってるため補助金がなく、無責任な地震報道のため、電話が鳴りっぱなしで当時研究活動がまともにできなかったらしい。少しはこういったところへ補助金をまわしてやれば、研究員も増やせるし、もっと成果を上げてくれると思うのだが。残念。

 そう思って、久しぶりに八ヶ岳南麓天文台サイトを覗いてみたが、研究活動はいつも通り続いていた。相変わらず外れも多いが、外れた際は必ず考察を行い、新しい法則を模索している姿勢に応援したくなる。気がつけば、研究員の募集も行ってるため、どっかしらスポンサーでもついたのかな?と思ってしまった。ともあれ、地震予知にいい研究成果が出ることを期待したい。
 現在の予想しているのは長野を中心としたM7.4±0.7クラスのものらしい(No.1300のついたもの)。最初は 2月を予想していたが外れ。ただ、予兆が続いており、最新の情報では 5月 9日前後が一番危険らしい。そういえば 2CHの地震雲画像情報は長野方面に通じるものが多かった気がする。何事も起こらなければいいのだが。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/89-fa2b17e5

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。