野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン大幅値上げ

  ガソリン卸値約5円上昇へ 原油高騰受け4月分から

 元売り御者が一気に 1リットル当たり、5円前後値上げするそうだ。困った(´・ω・`)



 ガソリンについては米国も同じで上昇を続けいるが、原油先物相場は値下がりに転じたのでうまくいけば、夏以降は収まるのではないだろうか(ソース)。
 日本では原油高騰に加え、為替が円安ドル高に向かいつつあるのがここまで跳ね上がった要因とされている。4月早々にもスタンドで値上げが反映されるとこもあるので、早めに給油した方がいいかもしれない。うちもガソリンまだ半分あるが、週末に給油しておかねば。米国の動向を考えると夏までは高値が続きそうだし。

 ところで、記事にあった超低硫黄ガソリンというのが気になった。あまりスタンドは行かないし、いっても普通に給油するだけなので出てしまうので、こんな言葉は聞いたことがない(不勉強?)。
 ちょっと調べたら、硫黄分を10ppmに低減したガソリンで、今年1月から順次供給されており、2008年以降はすべて超低硫黄ガソリン・軽油に規制されるらしい。一瞬、低燃費を期待したのだが、少なくとも現行車では普通のガソリンと変わらないみたいだ。
 ただ、製油所1ヶ所当たり最低20億円以上、元売り5社で計670億円が設備変更・増強が必要だとか。国が出荷量に応じて補助金を分配(計50億)するんで、4月に出揃うのも納得。
 これを知って改めて記事を読むと、製造には一リットル当たり一円前後の追加的な技術コストも必要な理由もわかり、新日石は内部で吸収、コスモは 4月の卸値に含めた、出光は見送った各社の対応もわかる。なるほどな。

 なお 2006年にはガソリンなどの関税が撤廃されるそうだ。やった。で、いくらと見たら、ガソリン 1リットルあたり 1.38円。少なっ。それよか、ガソリン税を何とかしてくれ。1リットルあたり 58.3円はないだろう。族議員や天下りを淘汰すれば、半分以下にしてもお釣りがくると思うのだが。無理ですがそうですか。

 今回のガソリン値上げはガソリンだけでなく、石油製品全体へも波及が懸念されている。昨年、汎用合成樹脂の出荷を 3回値上げされたが、今まで加工品への価格転嫁は完全には進んでない。さすがに今回は大幅値上げなので転嫁が予想されるのではないだろうか。レジ袋、包装フィルムが筆頭なので、スーパーなど小売店で少なからず影響がありそうだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/92-a3ba0e17

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。