野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプーやめたらハゲとまる

 8年ほど前、知人の依頼で皮膚病や薬をネットで調べ始めたのが、今の(一般には常識外れの)生活を始めるきっかけだった。頼まれた通りのもの調べるだけならそんな事もなかったが、気づいたら生活全般に警鐘を与えるサイトにまで足をのばし取り入れた。

 その中でも一番効果があったのがシャンプーをやめたこと。なお、シャンプーをやめろというつもりは全くない。ここの情報を元に実践してハゲられても保証ができないし、責任は取れない。ただ、これから書くのは8年近くに渡る体験であり、そこから来る感想だ。




 髪の毛に異常を感じたのは30歳前だったと思う。どうも髪の毛が以前より細くなった事に気がついた。ただ、その時は気のせいかな?と思ったが、年を追うと今度は生え際が徐々に後退していくのがわかった。シャンプーもいろいろ変えてみたがダメ。1年で最大約 5mm程度づつ後退する。やばいぞ俺。30歳を過ぎた頃はハゲる覚悟をし始めた。
 そんな時、見つけたサイトがこれ。

  シャンプーで禿げる!かゆい!【シャンプー恐怖の人体実験】
  ※ネズミの画像がでるので食事中の方は注意

 このインパクトは凄かったし、当時はそのまま鵜呑みにしてしまった。
 今考えれば、シャンプーを原液のまま塗り込み放置するのは異常なことだ。同じ実験ならシャンプーも石けんも使った後すすいで、その後どうなるかでないと検証にならない。残留を目的とするとしても、最低限のすすぎをしないのはまずいだろう。そう考えると、明らかに恐怖を煽るだけのものだ。
 ただ、当時これを見た私は次の日には石けんシャンプーと石けんリンスを購入してしまった(笑)。若さゆえの過ちと言えばそれまでだが、心の底でハゲに抵抗があったのだろう。どうせハゲるならこれで失敗して今ハゲてもいいやと、早速試してみた。

 初日。忘れもしない。なんじゃこりゃーと松田優作ばりに衝撃を受けた。だって髪の毛がアフロだし(爆)。焦った焦った。他のサイトから何か情報はないかと調べたらシャンプーで傷みきった髪の毛の場合、ヨレヨレになることも…。はぁ、仕様ですか。とりあえず頑張ってみる。2週間ほどしてアフロから解放された。ふぅ。多分、ハゲてもいいやと玉砕覚悟でなければ、最初のアフロで挫折してたかもしれない。

 それからは普通に使っていたが、次に変化が現れだしたのは二ヶ月後。気のせいか、髪の毛が太くなってきた気がする。また、全体的にふっくらした髪質になった。これにはむちゃくちゃ感動した(`・ω・´)
 さらに 1年後。生え際の後退が変わってないのに気づく。さらに髪の太さも20代前半の頃と同じくらいにまで回復し、フケもなぜか出にくくなった。風邪をひいて2日くらい風呂に入れなかった事があったが、不思議と頭はかゆくならなかった。これとは逆に、床屋のシャンプーに過敏に反応するようになった。とにかく行った日は頭がかゆい。馴染みのとこだったので、しまいには無添加石けん(液体)を持参する始末だ。初めて持っていったときの床屋のオヤジの台詞は今でも覚えている。

  「石鹸なのに、なんでこんなに泡立つの?」

 現在、40代に突入する頃になると、また髪の毛が若干細くなって気がしたが、シャンプーしてた時よりはまだマシだ。まぁ歳相応だろう(しくしく)。生え際は石けんシャンプーを始めた頃から変わっていない。あのとき切り替えて正解だと自負している(`・ω・´)
 今は石けんシャンプーをやめ、固形無添加石けんだけで頭を洗っている。石けんだけで髪の毛にコシが出るのでリンスも不要。今のお気に入りはこれ。ただ、一般のシャンプーから、いきなりこれに切り替えるのはかみさんをみると無謀だと思う。

 以上よりシャンプーやめたらハゲとまる は実体験から言えば事実だ。ただ、シャンプーやめたらハゲ治る はなかったので念のため。髪の太さは取り戻したが、後退した額は戻らなかった。

 …と、眠さ爆発でこれ以上、書けません。次回(予定では木曜か金曜深夜過ぎ)に続きを。家族はどうしているのか、うちは何を選んでいる(無添加といっても結構まがい品があるので)のかを中心に書きたかったんですが…。すいません。
続きはこちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/93-a97b7a45

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。