野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOOD FORCE日本語版、無料配信開始

  FOOD FORCE 日本語版公式サイト

 FOOD FORCEは国連機関の一つである国連世界食糧計画(WFP)が世界レベルの深刻な飢餓問題と WFPの緊急食料援助活動をより多くの人に知ってもらおうと開発された人道支援シミュレーションゲーム。異常気象により大干ばつが起こり、内戦が激化したインド洋に浮かぶ架空の島へ、WFPの食糧支援チームの一員になって復興支援を行う内容になっている。

051017_ffdw.jpg

 17日13時よりダウンロードが開始されたが、ダウンロードを試みたところ、全然繋がらない。いきなりサーバーが混雑?。こうなったら、Irvineで気長にダウンロード。Irvineが一向に反応しないので、13時45分頃ブラウザー(firefox)からやったら簡単にダウンロードできた(光接続で数分)。公開時に何かトラブったのかな?。
 なお、Windows(XP/2000)のみで、英語版にあった Mac版は日本語版にはなかった。なんだかなぁ。

 このゲーム、英語版は 8?13歳をプレイ対象に開発されたらしいが、日本語版は一般向けと子供向けと分けてローカライズされている。ダウンロード画面を見る限り、言葉使いや漢字などに配慮がなされてるのがわかる。
 とりあえず、今年6歳の娘がプレイできそうか検分するため、子供向けをインストール。インストール先は約 320MBを消費した。

 プレイして感じたこと。

  KONAMI(企業名)がうざったるい!

 WFPのロゴが出る場所には、必ずといっていいほど KONAMIのロゴがでる。本来、国連世界食糧計画が開発した物だから、ローカライズだけを担当した企業名が堂々と出るのはどうかと思う。これが起動時だけなら百歩譲ってまだ理解できるが、画面が切り替えるたびに企業ロゴが出てくるのは正直うざい。終了画面でも、あたかも「日本語版はコナミが作ったんだぞ」と言わんばかりで少々見苦しかった。
 また、

  ゲーム終了後、コナミのホームページを開く

 最初は何でコナミのホームページを開いているのかわからなかったが、どうもゲームを終了すると自動的に立ち上げるらしい。もっともコナミだから、こう無神経な事を平気でやらかすのかもしれないが。これは早々にも改善をしてもらいたい。
 少なくともこんな姿勢では「小中学校の教材として活用されることを期待しています」(プレスリリースより)は無理だろう。

 こういったコナミの振る舞いを無視すれば、ゲームは比較的よくできてると思う。時間の都合でミッション1 しかプレイしてないが、直感的でマウス操作だけなので小学生低学年でもプレイできると思う。漢字も「見」「左」「右」程度なので、英語版の対象年齢である 8歳以上を意識している。ただ、教科書によく見る、変なひらがな、漢字交じりも散見して大人から見ると少々見苦しい。例えば、「投下」が「とう下」とか。
 またミッションが選べず、毎回ミッション1からやり直されるのは鬱陶しい。演出も初回とクリア後が同じ。スキップできるとはいえ、すぐにやりたいミッションがプレイできないは致命的だ。このあたり、ゲームメーカーであるコナミのノウハウを活かして貰いたかった。
 個人的にはこんなに企業色が出るローカライズがされるくらいなら、ゲーム規制の足がかりを作った GTA3日本語版を発売したメーカーである、カプコンにやってもらいたかったなぁ(´・ω・`)

 以下、戯れ言。

【“FOOD FORCE日本語版、無料配信開始”の続きを読む】

ゲームキューブが10月27日から 9,700円?

  ゲームキューブが10月27日からオープン価格に 【Nintendo INSIDE】
  GC本体が10/27からオープンプライスに 【ゲーム屋店員の戯言】

 ここによると、10月27日から任天堂ゲームキューブ(GC)が 14,000円からオープンプライスになるそうです。実勢価格は不明ながら、すでにファミコンプラザが、9,700円(税込)を提示しているので結構期待できるかも。
051013_cube.jpg

 …って、すでに持っているのでうちには関係ない(´・ω・`)
 ちなみにうちにあるのはこれですが、2003年末、地元で 19,800円(税込)+ポイント10%で衝動買い。当時は安いと思ったけど、ここまで安くなるとは思わなかった。ゲームボーイミクロの方が高いし(笑)。ただ、周辺機器の値段は相変わらずでした。

 ちなみに2003年阪神優勝時にこんなのが出たのを思い出したけど、今年はどうなんでしょ…。村上ファンドでそれどころじゃないのか?(おい)。

ゲームボーイミクロ、9/13 12,000円で発売

  任天堂、「ゲームボーイ ミクロ」9月13日に12,000円で発売 【Game WATCH】

 昨日書いた矢先、国内発表されました( ゚Д゚)ハヤッ

 予定より高く、12,000円、、ちょっと足せば Nintendo DSが買えるし…。その Nintendo DSも米国では 20ドル値下げされるので、日本も?と期待しちゃうと、ますます価格差がなくなるような…。

  米国でニンテンドーDS値下げ 【ITmedia】

 Nintedo DSの欠点は、GBAの通信機能が使えない点。ちなみにゲームボーイミクロは通信できるけど、従来の GBA用のケーブルは使えず、ワイヤレス通信も無理とか。なんか中途半端だ。
 実際、売れるんでしょうか、コレ(´・ω・`)
 液晶が応用できそうだから、GBAのソフトが遊べる携帯電話とか出るとウケると思うんだけど(笑)。

Xbox360, GameBoyMicro:北米で価格発表

  Microsoft、「Xbox 360 Core System」北米では299.99ドル HDDなど周辺機器の価格も一部発表
  任天堂、小型携帯ゲーム機「ゲームボーイ ミクロ」北米地域で9月19日に発売。99.99ドル

 いづれも GAME Watchより。日本での発表は東京ゲームショー2005(9月16日?18日)までお預けでしょうか(´・ω・`)

 感想は XBox360が思ったより安く、GameBoyMicroが高かった。

 XBox360がこうだと、PlayStaion3がどう価格で立ち向かうのか楽しみになりました。下馬評では 49,800円説まであるし。39,800円以下でないとこりゃ戦えない気がする。日本で Xbox360は 34,800円/44,800円あたりでしょうか。
 廉価版(Core System)は実質 300ドルで本体、有線コントローラ、AVケーブル。通常版は実質 400ドルで本体、無線コントローラ、AVケーブル、20GB HDD、ヘッドセット、リモコンを考えると、通常版の方が売れそうだ。
 我が家では、ゲーム機は本当に遊びたいゲームが出ない限り買わないので、それまで待ちになりそう。安くないし。

 GameBoyMircoは安かったらどうしようかと考えていただけに残念でした。日本円なら安くても 9,800円か。Nintendo DSがあるんで、さらに 1万円近いカネ出して買おうとは思わない。せめて 5,000円前後なら良かったんだけど(無理か^^;)。

韓国高校生:ゲームやめろと叱られ自殺

  コンピューター中毒の高校生自殺「ゲームやめろ」叱られた後 【朝鮮日報】8/16

 先週、50時間ぶっ通しでゲームをやって死んだ元会社員がいましたが、今度はゲームをやめろと叱られて自殺ですか…(´・ω・`)

 ちょっと韓国の建築構造がわからないので何ですが、「この日午前3時までコンピューターゲームをしていた息子が、自分に叱られた後、家を出た」の後に、「午前6時頃、自宅屋上で首をつり死亡したのを父親が発見」と、普通だったら、帰宅した時に気が付きそうだし、それ以前に家を出たら追いかけないのか?とか思うんですが…。
 なんかコンピュータ中毒もそうですが、それ以前に家庭内のコミュニケーションが崩壊している気がしてなりません。

 韓国もそうですが、中国も深刻で、

  中高生の「ネット中毒」、14.8%にも 【人民日報】3/15
  ネット中毒の青少年が増加=中国、不登校や犯罪も 【共同通信】6/30

 日本は大丈夫なのか心配です。なんか、行政がまじめに調査していないだけのような気もしますが。ニートの影にネット中毒なんて簡単に想像できちゃうし。

 これらを調べているうちに、ネット中毒を自己採点できる論文を見つけました(笑)。

  現職教員のインターネット不安低減に関する研究 [PDF形式]

 約3年前の東京学芸大学の和田正人氏の論文ですが、最後のページに「教育の情報化の推進に向けた取組」という質問紙があり、100点満点中、70点以上なら「ネット中毒」だそうです(設問2の 20問×5点)。

 ちょっと試したら、53点だった、、ちとヤバいかも orz

13,440円のPSP用ビデオレコーダー

 ゲーム周辺機器メーカーのホリ(HORI)から 11月下旬に発売されるらしい(情報源:TECHSIDE.NET)。現在、ホリには情報はなく、いくつかの通販サイトが予約を行ってる状況だ。

  【PSP】メモリースティックDuo ビデオレコーダー

 注文しようという意味ではない。ここしかまともな情報がないため URLを貼った次第。私は調べているうちに注文する気がなくなった(おい)。調査結果は次の通り。

【“13,440円のPSP用ビデオレコーダー”の続きを読む】

韓国でゲーム50時間ぶっ通しで男性死亡

  ゲーム50時間ぶっ通しで男性死亡――韓国 【ITmedia】8/10

ほぼ50時間連続でコンピュータゲームを続けた韓国の男性が、インターネットカフェで長時間セッションを終えた数分後、心不全で死亡した。当局が8月9日明らかにした。

 ゲームでなくても死にそうな(´・ω・`)

 28歳とはいえ、50時間連続で(トイレや仮眠はしているそうですが)、集中力を必要とするような事をすれば心不全を起こしても無理ないでしょう。若い頃、何度か 30時間以上連続でプログラムしたことはありましたが、今の歳ではもうできません。10時間目あたりで心不全になりそう。

 日本で同様の事件が起きたら、どっかの県知事が「オンラインゲームは危険だから規制を…」とか言い出しそうだ。ネットカフェの 24時間営業禁止とか。
 と、日本のネットカフェってどんなものか気になった。考えたら利用したことないし。んで、調べると結構あって驚いた。

  日本全国のインターネットカフェ板さんのホームページ

 ランダムに店舗を見たら、飲食持ち込みOKだったり、データ焼きも自由だったり。オンラインゲーム提供会社とも連携してたり。料金はだいたい 1時間 400円。ヘタな場所よりずっと時間つぶせそうだ。

シェンムーオンライン開発中断

  シェンムーオンライン開発中断[韓国]翻訳サイト経由

 韓国での「シェンムーオンライン」開発がとうに中断していたらしい。現在、台湾のメーカーが開発を続けているがはたして。昨年話題になったものの、今年に入って全然情報がないと思ったら頓挫してたとは(´・ω・`)
 ゲームについては、こんな感じ。

  PC用MMOアクションRPG『シェンムーオンライン』のスクリーンショットが公開! 【DENGEKI】2004/8/4
  【発表会】『シェンムー オンライン』が日本で発売されることが明らかに!? 【ファミ通】2004/9/24
  KAMEX2004現地レポート 【GAME Watch】2004/11/25

 ドリームキャストで開発費70億円(一説では200億円)のシェンムーを数年前 980円でプレイした身としては「あの世界観のまんまだ(笑)」という印象が強く、興味はあった。
 シェンムーオンラインは総額300億ウォン(約33億円)の大型プロジェクト。記事には 3?4月頃にセガに見限られてたとあるが、実際には昨年11月 KAMEX2004の不評で、すでに破談の話が進んでいたのではなかろうか。これは韓国のシェンムーオンラインサイトの更新案内からもわかる。2004年11月25日で凍結し、これ以降は開発という意味で無意味なものばかりになっている。

 総指揮者である、セガの鈴木裕氏は古くはスペースハリアー、アウトラン、アフターバーナーのメインプログラマー、最近ではバーチャファイターやシェンムーのプロデューサーだが、とにかくリアルさを追求し、妥協しない人。開発現場にも積極的に足を運び、自分の感性に合わないと厳しく注文をつけるのは有名な話だ。これは韓国でも例外ではなかったのが記事から読み取れる。

 気になるのはセガの思惑。昨年の今日、韓国で開発、2005年中には中韓で展開する報道をするが、その後一切なし。韓国の開発メーカーも箝口令のせいかお茶を濁すばかり。
 台湾の開発メーカーで継続というのも少々あやしい気がする。仮に継続したとしても韓国の二の舞を恐れているのではないだろうか。鈴木裕氏がいる限り、幻のゲームになる事はないだろうが、いったいいつ実現できるのか、別の意味で興味がでてしまった(笑)。
前のページ 次のページ

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。