野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回 全国統一オタク検定試験

 本日発売のオタクエリートに「第二回 全国統一オタク検定試験」がついているらしい。アキバでは24日頃からすでに発売されたものの、第一回ほどの勢いはない。

  第2回オタク検定 合格率は高いかも(=オタクエリートが売れてないぽい)アキバblog(秋葉原ブログ)

 ここが一番詳しい。アキバの書店で売れてないとか、第一回合格率がわずか6.2%なのは点数に関係なく、上位100人を合格させただけとか、オタクライターにお叱りを受け、書籍紹介文を「こっそり」修正したとか(´・ω・`)

 それにしても表紙が民主党・鳩山由紀夫、66ページしかないのに 1,200円(+税)じゃ売れないだろう。第一回の雑誌(580円税込)と比較すると違和感ありまくり。



 もう表紙で終わってる気が。せめて背景を秋葉原の風景にするとか出来なかったのだろうか。まだ、第一回の雑誌の方がマシな気がする(あくまでも比較論で)。
 政治家(著名人)とオタクを繋げる事がエリートなのかは知らないが、素人から見ても方向性が間違っているような気がする。オタクが偉い人の意見に興味を持つとは思えないし。経営者がオタクをキーワードに政治家に取り入りたかったの?と思ってしまった。

 脱線失礼。
 第二回オタク検定だが、問題は「ライトノベル」「漫画誌史」「家庭用ゲーム機」「アニメ・特撮ロボット」「同人誌」「アイドル」「交通」と多岐にわたり、オタクエリート(1200円+税)を購入後、綴じ込み付録の用紙に回答後、80円切手を貼って投函。正答率と投函日(早いほど有利)で合否が決まるらしいが、厳密な基準はない。クレームもお断りになっている(第二回検定試験概要)。
 今回も公開模擬試験があるが、正解は掲載されていない。自分でざっとやった限り、推定50点くらい。au版オタク検定もあり、こちらは20問で 100円+税。ただ、問題がすべてオリジナルではなく、過去の問題も出題される。問題をわざわざ公募するくらいだから、底は結構浅いのかもしれない。

 第一回は合格率から 1,613通の応募があった事がわかるが、今回はどうなることやら。応募が100通以下で全員合格なんてなければいいのだが。今の路線でいくなら第三回はないかもしれない。

VIP★STAR

 Web of the Year 2005授賞式、mixi笠原氏や2ちゃんねる西村氏らが登場 【INTERNET Watch】12/8

 授賞式で 2ちゃんねるの管理人である、ひろゆき氏が「最近、2ちゃんねるで見つけた“VIP STAR”が面白い」と言ったらしい。どうも、平井堅(歌手)が10月に発売した「POP STAR」の替え歌とか。
 著作権的には真っ黒ということだが、Flash版が pya!で公開されていた(笑)。

  VIP★STAR

 歌詞やグラフィックは 2ちゃんねるを意識したもので、2ちゃんねるを知らない人には疎遠かもしれないが、特筆すべきは、

 歌が異常にうまい

 いや、ほんと。何気に聞いたら、平井堅本人じゃないかという位うまい。びっくりした。ちなみに歌ってる方は kobaryu氏。「VIP★STAR」をちょっと調べたらいろんなバージョンがあるらしい。ただ、有名になったせいか削除されていた(Googleキャッシュ)。

 そういえば、10月下旬に台湾版マイヤヒーを書いたとき、「ビクターエンターテイメントから "もすかう?これがジンギスカンだ!"が11月23日発売」と書いたのを思いだして調べ直してみたら「ベスト・オブ・ジンギスカン」に差し変わっていた(´・ω・`)
 一方、11/02に「もすかう[Maxi]」がインディペンデントレーベルから出ていたが、ジャケ絵がモナー(っぽい)だけで、映像もなければ音声もオリジナルではなく散々。
 2ちゃんねるキャラが一般に浸透する道のりはまだまだ険しそうだ。

参考スレ)
 【ネット】ひろゆき氏「最近“VIP STAR”が面白い」 - Web of the Year 2005授賞式(ν速+板@2ch)
 ※このスレにPV動画(平井堅のプロモーションビデオぱくり)やCM動画(SONY風)、
 ※kobaryu氏が歌う「大嘘つきな古狸」のフラッシュの直リンクがありました(^^;)
 ※「大嘘つきな古狸」は平井堅「大きな古時計」の耐震偽装替え歌です(笑)。
 ※これも平井堅が歌ってるように聞こえる…。

ハートの形のミカン

051109_mikan.jpg

  ハートの形のミカン 【朝鮮日報】11/7
  ハートの形をしたミカン 【中央日報】11/7

 7日、韓国ソウル・狎鴎亭(アックジョン)の現代デパート本店が「ハートの形をしたみかん」を売り出した。表面にはサラン(愛)という文字とハートの形が刻み込まれ、糖度も高いらしい。

 想像するに、小さい段階で、逆さにしたハート型のケースに覆って形付けしたと思われる。まさか、桃の遺伝子を組み込みましたって事はないか(おい)。

 ただ、よく見ると、ヘタの部分に傷みたいな割れ目が見えるのが気になる。型が鉢合わせタイプでその影響なのだろうか。また、文字を出すための凹凸は余計だと思う。遠目ならいいが、手にして見るといびつに見えて、美味そうにみえない。自分ならきっと買わないだろう。

 日本で販売するなら、綺麗なハート型にしないと多分売れないんじゃないかと思った。それにしても食べにくそうだ…。皮も薄そうだし。もしや、ヘタの割れ目のような傷はむきやすいようにするためか?
 もっと調べたいが、ハングル語できないので断念(´・ω・`)

年間性交渉回数、日本が最下位?

  がんばれ、ニッポン!H回数が世界の最下位だ 【サンスポ】11/9
  「飛行機内で性交渉」全体の2% 【スポニチ】11/9

 英国のコンドームメーカー「デュレックス」が、世界規模で実施したセックスと性の健康に関する実態調査を8日公表し、各スポーツ紙が記事にした模様。

 ただ、この統計に意味があるかはかなり疑問で「世界41カ国の男女約31万7000人が参加。日本からは1,233人が参加」としかなく、各国毎に人口比を考慮した数値でない上、男女の比率、年齢構成、既婚未婚といったばらつきがまったく不明瞭。
 統計数値は「話のネタ」程度にみた方がいいかもしれない。

 …というわけで、早速ソースを探しにディレックスの日本語ホームページに行ってみるが妙に重い…(´・ω・`)

【“年間性交渉回数、日本が最下位?”の続きを読む】

萌え・まんが・アニメ探索の旅

  ジャパニメーションツアー 2日間

 やじうまWATCH経由で。いやー、いろんな意味で凄い(笑)。20年前で地方に住んでたら考えたかも(ないない)。

 ツアーのスケジュールはこんな感じ。やじうまWATCHも、ツアーページも訪問先のリンクがないので、調べるついでに入れておきました。

【“萌え・まんが・アニメ探索の旅”の続きを読む】

マンガ5万冊が立ち読みできるサイト?

  まんが・コミックの464(よむよ).jp

 Intermezzo(めっつぉ)さんより。いやー、ほんとに立ち読みできました(笑)。

 画像は少々粗いけどセリフはちゃんと読めるし、立ち読み感覚ならば全然問題ありません。来年4月より月額380円と有料になるみたいですが、それまではどんだけ読んでも無料!。いや、その前にサイトが潰れる気がしますが(笑)。ちょっと調べたら、過去に一度閉鎖してました(^^;)

 「全日本漫画著作権管理機構」監修とありますが、代表名も名字だけでフルネームじゃないし、所在地や電話番号もない。著作権云々といいながら、出版社や漫画家が思いっきりスルーされてるくさいし。
 立ち読み中はブラウザーの右クリックが使えないけど、Print Screenによる画面コピーができてしまうのはマズいだろう。その気になれば画像収集、印刷と「古本」が本当にできてしまう。

 ただ、著作権さえクリアできれば「コンテンツの考え方」は面白いと思う。画像はセリフがぎりぎり読める程度までもっと汚くしたり、扱うのは絶版本にすればいけると思うけど、出版社や漫画家が納得いくまで昇華させるのはやっぱり無理だろなぁ。

 ちなみに唐突に「マカロニほうれん荘」が読みたくなったが、在庫を検索したらなかった… orz
 意外と 5万冊は多そうで、まだまだ少ないのかも知れない。

記事ランキングの設定方法

 うちのブログはジャンルが不特定なので、右側に貼り付けた記事ランキング(ページランキング)は結構重宝しています。
 設置してから、総アクセス数の方が 2?3割増になりました(`・ω・´)

 最初はとっつきにくく、文字化けはおこすわ、サイズがあわないわ、置換って何?と試行錯誤の連続。ただ、要領がわかれば大したことがないので、うちで設置している記事ランキングの設定方法をご紹介。なんか、ACR WEBの回し者みたいだな…。もっといい記事ランキングがあれば教えてください(おい)。

 なお、"設定方法"であって、"設置方法"でないのであしからず。タグの貼り付け方法はブログサイトやテンプレートに依存するし、私自身、HTMLも CSSも詳しくないし(笑)。
 また、楽天ブログや goo!ブログなどJavascriptが貼り付けられないサイトは設置できないのであしからず。当方では FC2ブログ、SeesaaBLOGで動作を確認しました。

【“記事ランキングの設定方法”の続きを読む】

このビルが気になった

 今までヨドバシカメラ Akibaの建物を何度も見てきたが、このビルの存在、今まで気にもしなかった。しかし、一度気になるともうダメ(笑)。

ヨドバシAkibaビル


 打ち上げロケットみたいに飛んでいきそうなこのビルは、ヨドバシカメラの別館などではない。ヨドバシのフロアガイドを見ても分かる通り、右上だけ引っ込んでいるのはこのビルのせいだろう。トップページでも微妙に隠蔽されている(笑)。さて、これは?

【“このビルが気になった”の続きを読む】
前のページ 次のページ

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。